さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:《聖弓の奏者ヴィヴィアン》
2012-05-14 Mon 23:04
5月14日の「今日のカード」は、ゴールドパラディンの《聖弓の奏者ヴィヴィアン》。
音楽によって士気を上げる「銀狼団聖楽兵装隊」のリーダーだとか。
言われてみると、ゴールドパラディンは楽器を持ったユニットがたくさんいますね。

《聖弓の奏者ヴィヴィアン》
ゴールドパラディン エルフ ノーマルユニット
グレード2 パワー9000 シールド5000 ☆1
自【V/R】:[CB(1)]このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、
このユニットが《ゴールドパラディン》にブーストされていて、
あなたのリアガードが4枚以下なら、コストを払ってよい。
払ったら、あなたの山札の上を公開する。そのカードが《ゴールドパラディン》なら、
そのカードをユニットのいない{R}にコールし、違うなら、その山札をシャッフルする。
FT:戦場に音楽が鳴り響く。 それは勇気の音色だ。

ユニット設定
ヴァイオリンを模した聖弓を持つ銀狼団聖楽兵装隊の奏者。聖弓使い達のリーダーを務める。
楽器と武器の特性を合わせ持つ「聖楽兵装」は、奏でる事で士気を高める後衛、
武装で戦う前衛へと状況に応じて入れ替わることができる利便性に富んだ武装である。
戦場に不釣り合いな音色が鳴り響く時、彼女達と敵対する全軍が警戒心を一層に高める。
彼女達が奏でるオーケストラは、残響ですら味方を鼓舞する戦いの旋律となる事を知っているからである。

第6弾RRR《聖弓の奏者ヴィヴィアン》:《スペクトラル・デューク・ドラゴン》のお供に!

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■山札の上からコール

《聖弓の奏者ヴィヴィアン》の能力は、リアガードの「数」を補充していくもの。
うまく強力なユニットが出てくれば儲けものですが、
トリガーユニットがコールされることもあり、不安定な能力と言えます。

条件がやや厳しいですが、序盤から能力を狙って行けるのはメリットですね。
コストも軽いので、2ターン目にうまく攻撃役のユニットが登場すれば、リターンは大きいでしょう。

また、リアガードの「質」より「量」を求める《スペクトラル・デューク・ドラゴン》とは
非常に相性がいい能力です。
能力を発動したら、自身ともども《スペクトラル・デューク・ドラゴン》のコストとして退却……と。


■《ウェイビング・オウル》を使った立ち回り

《聖弓の奏者ヴィヴィアン》を《ウェイビング・オウル》でブーストすると、
《ヴィヴィアン》の能力を使いやすくできます。

《ウェイビング・オウル》
ゴールドパラディン ハイビースト ノーマルユニット
グレード1 パワー6000 シールド5000 ☆1
自【R】:このユニットが《ゴールドパラディン》をブーストしたバトル中、
アタックがヴァンガードにヒットした時、このユニットを手札に戻してよい。

アタックがヴァンガードにヒットしたら、まずは《ウェイビング・オウル》を手札に戻します。
その結果、リアガードが4枚以下になれば《ヴィヴィアン》の能力を使うことができる……はず。

※根拠は総合ルール8.1.1.2.3(以下引用)
自動能力の中には「自【領域】(条件)時、○○ならば」で示される効果に要件を持つカードが存在します。
これらのカードは解決時に「○○ならば」で示される要件を満たしていれば、
例え(条件)が満たされなくとも、能力が誘発します。(引用ここまで)

《ヴィヴィアン》の能力は、ちょうどこれに当たりますね。
ヴァンガードにアタックがヒットした時にはリアガードが5枚あっても、
解決時には《ウェイビング》が手札に戻って4枚になっているので、コストを払えると。

うまく使って、ユニットの枚数で得をしていきたいところですね。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:2 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:《金剛雷帝インドラ》

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:ツイてない日の振る舞い
この記事のコメント:


どもリュウトです

自分もデューク様軸で2枚ほど採用しています

ランダム性はあるものの、「数」をCB1で増やせるのはやはり便利。余ったユニットは餌にすればいいので相性がとてもよく採用しております

トリガーが出たとしても5000のブースターが1体増えたと思えばもうけものみたいな感じで使っていると損した気分が薄れるのではと

実際初期ロイパラはトリガーを2枚消して戦うのが主流になってましたしね(スペリオルライド的な意味で)
2012-05-15 Tue 08:38 | URL | リュウト3601 #-[ 内容変更]


コメントありがとうございます。
>リュウト3601さん
《スペクトラル・デューク・ドラゴン》であれば、どんなユニットが出ても損をしにくいですよね。
《ヴォーティマー》シリーズの能力と合わせて使えば、《デューク》のコストをそろえやすくなりそうです。

トリガーが出た時に損をしないためのデッキ構築は重要になりそうです。
能力を持つトリガーは、その能力の代わりに自身のパワーが低く、
《ヴィヴィアン》などで出た時にブースターとしてもパワー不足になることがあります。
そのあたりは考慮して選びたいところですね。
2012-05-16 Wed 07:13 | URL | 一城なつき #nCg6BTs6[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |