さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:《デスシーカータナトス》
2012-05-03 Thu 22:27
5月3日の「今日のカード」は、先日も記事にしたグランブルーの《デスシーカータナトス》。
ペイルムーンの《ナイトメアドールありす》のグランブルー版とも言うべきユニットです。

《デスシーカータナトス》
グランブルー ノーブル ノーマルユニット
グレード3 パワー10000 シールドなし ☆1
自【R】:[CB(1)、このユニットを退却させる]
このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、
あなたの《グランブルー》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
払ったら、あなたのドロップゾーンから「デスシーカータナトス」以外の
《グランブルー》を1枚選び、{R}にコールする。
FT:これは勧誘さ。オレと一緒に、永遠に魂を狩ろうぜ?!

ユニット設定
死神の中でも行動に問題があり、特に危険視されている上位死神。
常に目深のフードをかぶり、素顔を誰にも見せない。
夜な夜な海賊団を抜け出しては己が欲望のまま、巧みな話術と誘惑の魔術を使い、
人を籠絡して魂を狩っている。
危険種族「死神」とは思えないほどの軽い気さくな性格だが、
それは彼が笑顔で人を陥れて破滅させる、そういう「モノ」であることの証明でもある。
甘い言葉を囁かれても決して取り合ってはならない。
彼が一番に狙っているのは他ならぬあなたの魂なのだから。

第6弾RR《デスシーカータナトス》:これから毎日、魂を狩ろうぜ?

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■ペイルムーンとグランブルー

ユニット単体の能力は、ペイルムーンの《ナイトメアドールありす》にそっくりですが、
デッキ(クラン)全体として見た場合は、性格が結構異なってきます。

たとえば、トリガー。

《ナイトメアドールありす》を使った私のデッキはスタンド特化構築ですが、
それは「相性が良いから」という積極的な理由でもあると同時に、
「クリティカルに特化できないから」という消極的な理由でもあります。

クリティカル特化とスタンド特化の両方が構築できるグランブルーの場合、
《デスシーカータナトス》を中心として、クリティカルとスタンド両方の立ち回りが存在します。


■スタンド特化の場合

スタンドトリガーを8枚投入して構築する場合には、
《デスシーカータナトス》は、1枚で2回攻撃することを狙っていくことになります。

Rの《タナトス》で攻撃(ガードされる)→Vで攻撃(スタンドトリガー)→Rの《タナトス》で再攻撃

これで能力を使えば、さらに連続して攻撃していくことができるようになります。
この動きは、ペイルムーンの《ナイトメアドールありす》と変わりません。

ただ《タナトス》で狙うのがヴァンガードに限定されているため、
状況によってはVで相手のリアガードを攻撃するなどの工夫も必要でしょう。


■クリティカル特化の場合

クリティカル特化の場合は、本当に有効に使うためには3列が必要になります。
攻撃順は、もちろんV→R→Rです。

最初のVの攻撃でクリティカルトリガーを引いたら、
片方のRへクリティカル、もう片方の《タナトス》へパワーを割り振ります。

そうすると「ヴァンガードにヒットした時に被害が大きいユニット」が2列になりますし、
しかも《タナトス》はパワーが上がってガードがしにくい状況となっています。
うまくいけば、これで4点のダメージを奪うこともできる流れになりますね。

これが《タナトス》だけの2列の場合、相手は完全ガードを切ればそれで済むため、
《タナトス》の能力がプレッシャーとして活かしきることができません。
やはり、ここは3列……しかも、できるだけパワーの高い列が欲しいところです。

幸い、グランブルーはライン構築が得意なクラン。
その点で言えば、ペイルムーンよりも「クリティカル特化」に向いているかもしれません。


新しいグランブルーと対戦したことはないのですが、
《デスシーカータナトス》の相手は、ちょっとメンドクサそうな予感がします。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:「エンジェルフェザー」「なるかみ」と対戦。

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:「なるかみ」は最強を後継するか?
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |