さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:今日のカード《ミストレス・ハリケーン》
2011-12-28 Wed 19:43
ヴァンガード公式サイトの「今日のカード」で、
ペイルムーンの《ミストレス・ハリケーン》が紹介されました!

《ミストレス・ハリケーン》
ペイルムーン キメラ ノーマルユニット
グレード3 パワー10000 シールドなし ☆1
永【V】:あなたのソウルの《ペイルムーン》が8枚以上なら、このユニットのパワー+1000。
自:[CB(2)]このユニットが{V}に登場した時、コストを払ってよい。
払ったら、あなたのソウルから《ペイルムーン》を1枚選び、{R}にコールする。
FT:女王様の鞭音に、下僕たちは喜んで馳せ参じる。

ユニット設定
魔族の素体に鳥人の因子を移植したキメラデーモン。
彼女に課せられているのは主に舞台裏における魔獣の教育であり、表舞台に出ることは少ない。
その嵐の如き鞭捌きはまさに「ハリケーン」の名に相応しく、流麗なテイマーたちのそれとは違う荒々しい美しさを持つ。

コミックスタイルvol.1RR《ゴールデン・ビーストテイマー》:相棒になりうるか?

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■ソウルを溜めるなら……

《ミストレス・ハリケーン》は、ソウルを溜めてからが強力なユニット。
同じように、ソウルを溜めてからが強力なのが《ゴールデン・ビーストテイマー》です。

この2体のユニットは、今後のカードプール次第ではいいコンビかもしれません。
ソウルを8~9枚溜めれば、どちらにライドしても強力ですからね。

現状なら、たとえば《エレファント・ジャグラー》から一気にソウルを溜めて、
ソウルを7~8枚くらいにしたら《ミストレス・ハリケーン》にライド!
能力を使いつつ、11000のヴァンガードとして攻撃していきます。

この時、ソウルを減らしたくなければ《スカル・ジャグラー》などをブーストとして呼べば
すぐにソウルを回復できるので、覚えておいて損はないかもしれませんね。

前列のユニットを除去されたら、次は《ゴールデン・ビーストテイマー》へライド。
ソウルのペイルムーンのキメラには《ミストレス・ハリケーン》がいますから、戦線をすぐに復活できます。
溜めたソウルで拘束を解除して、パワーで一気に詰めていきたいところです。


■足りないパーツ……?

とはいえ、この戦略には足りないものがいろいろあります。
贅沢を言えばきりがありませんが……。

たとえば、キーカードである《エレファント・ジャグラー》に、必ずライドできるとは限りません。
やはり、ドロー補助か、あるいは同じ能力を持つユニットが欲しいところです。

同じグレード2のパワー9000で、同じ能力を持ちながら、種族が「キメラ」というのは、悪くなさそう。
そのまま《ゴールデン・ビーストテイマー》にライドした時にコールできるというメリットがありつつ、
しかしソウルの数次第では、必ずしも上位互換とも言えない。
強制的にコールされるので、ソウルの数によっては拘束解除のコストが不足しかねないというリスクがあります。

あとは《サイレンス・ジョーカー》か《サイキック・バード》の互換ユニットが欲しいですね。
高パワーで攻撃するデッキであれば、クリティカルが8~9枚は欲しいところです。
さらに、自分からソウルに入れるようなユニットであれば、なおグッドですからね。

今後に期待したいところです。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:TCG:クールクール・カードゲーマーズオフ開催のお知らせ

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:ペルソナブラスト!
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |