さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:ペルソナブラスト!
2011-12-27 Tue 23:11
「双剣覚醒」で登場するユニットの中には、
「自分と同じ名前のユニットを捨てる」という条件を持ったものが、いくつか登場するようです。

ケロケロエースによると「ペルソナブラスト」という能力サイクルのようですが、
なるほど「ペルソナ(Persona)」は「仮面」を意味する言葉で、
自分の=「パーソナル(personal)」の語源となった言葉。
「自分と同じ名前のユニット」を捨てるという意味では、ぴったりですね。

ペイルムーンには今のところ「ペルソナブラスト」がありませんが、
演劇に用いた「仮面」を意味するなら、ぜひ欲しいところです。

第3弾RR《宵闇の奇術師ロベール》:「裏」の顔は……?

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■ペイルムーンの「裏の顔」

ここでひとつ、フレーバーテキストを引用してみましょう。

《ダークメタル・バイコーン》
ペイルムーンの公演がある国では、
不審な死や事件が相次ぐという。

《ビッグリーグ・ベア》
サーカスの動物達は芸を見せる。表でも裏でも。

ペイルムーンの「表の仮面」は、魔法や魔獣を操る華やかなサーカス団。
そして「裏の顔」は、魔法や魔獣を操り、暗殺などを行なっているようです。

今のところ、裏の顔を明確に示しているカードはないようですが……。


■ユニットの「裏の顔」

「ペルソナブラスト」を持つユニットは、
例外はあるものの「元になるユニット」がいて、
それがさらに強力になったユニットというものが多いようです。

ここから先は完全に空想になるのですが……。
ペイルムーンの「ペルソナブラスト」持ちユニットは、
サーカス団員という「表の仮面」を外した、暗殺者としての「裏の顔」のユニットだと面白い気がします。

《パープルジェミニ・ビーストテイマー》
ペイルムーン エルフ ノーマルユニット
グレード3 パワー9000 シールドなし ☆1
永【V】:あなたのソウルに「クリムゾン・ビーストテイマー」と「ターコイズ・ビーストテイマー」があるなら、
このユニットのパワー+3000。
自【V】:[CB(1)、あなたの手札から「パープルジェミニ・ビーストテイマー」を1枚選び、捨てる]
このユニットのアタックがヒットした時、コストを払ってよい。
払ったら、あなたのソウルから《ペイルムーン》を1枚選び、{R}にコールする。

ほかのユニットとは異なり、ソウルに必要なのがグレード3ではないのですが。
その辺は、まあ、空想ですしね。


■暗殺集団としての「ペイルムーン」

ペイルムーンのユニットが「裏の仕事」の時にどんな風に動くのかは、ちょっと興味があります。
ステージで華麗なマジックを魅せる《宵闇の奇術師ロベール》も、
いざ裏の仕事となれば、得意(?)の召喚術で、ターゲットを仕留めたりするのでしょうね。

《闇夜の奇術師ロベール》
ペイルムーン エルフ ノーマルユニット
グレード3 パワー10000 シールドなし ☆1
永【V】:あなたのソウルの《ペイルムーン》が8枚以上なら、
このユニットのパワー+1000。
自【V】:あなたのメインフェイズ開始時、SC(1)し、
あなたの山札の上から1枚見て、山札の上か下に置く。
自【V/R】:[CB(2)]このユニットのアタックがヒットした時、コストを払ってよい。
払ったら、相手のグレード2以上のリアガードを1枚選び、ソウルに置く。

「ペルソナブラスト」とは関係ないですが、
《ロベール》が本気を出した時には、こんな感じかなー、と。
能力はダークイレギュラーズの《ノーライフキングデスアンカー》の対っぽく。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:今日のカード《ミストレス・ハリケーン》

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:《ラーク・ピジョン》
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |