さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:リミットブレイク考察
2012-04-16 Mon 00:00
トライアルデッキ「銀狼の爪撃」「雷竜の鳴動」で登場する、
新能力「リミットブレイク」。
自分のダメージが指定以上の時に発動する能力で、
ピンチの時に強化されるというデザインです。

現在、判明している「リミットブレイク」は「リミットブレイク4」で、
ダメージゾーンのカードが4枚以上の時に発動します。

この能力について、少し考えてみます。

第6弾《極限突破》BOX(予約商品):極限を超えろ!

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■リミットブレイクで発動する能力

現在判明している「リミットブレイク4」を大きく分類すると、

1、発動すると、永続能力で攻撃時のパワーが+5000される
2、発動すると、独自の起動・自動能力を得る

という、ふたつに分類されます。

1の攻撃パワー上昇には、コストがかかりません。
したがって、ダメージが4点を超えた時点から先は、毎ターン発動。
上昇値も+5000と大きく、確実に相手へのシールド要求を高められます。
ノーコストでこれだけの上昇値は、他に類を見ないですね。

2の独自の能力は、今のところすべてカウンターブラストが必要な能力。
イメージとしては「ピンチの時に使える必殺技」といったところ。
発動できる回数が限られている分、派手なものが多いですね。

いずれの能力も、現時点ではヴァンガード限定の能力のようです。
条件が厳しい分、さすがに強力な能力が揃っています。

現状は「フルブラスト」を警戒して、相手のダメージを4点で留めておくという戦略が存在します。
「リミットブレイク4」の登場で、さらに「3点で止めておく」という戦略が発生するのでしょうか……?


■攻撃時のパワー上昇能力の運用

とりあえず「リミットブレイク」の能力を実感したい場合は、
攻撃パワー上昇の能力を試してみると良さそうですね。

ちょうどトライアルデッキに収録されるユニットもパワー上昇系ですし、
触ってみるには良い機会ではないかなと思います。

ただ、この能力にはひとつ問題があります。
「相手がガードしなかった場合は、発動していなくても同じ」ということ。

元々ヴァンガードの攻撃はガードが難しいため、
ダメージに余裕がある時には、ガードをしないという選択肢もよくあります。
そうなると、せっかくシールドの要求値を高めても、あまり意味がありません。

毎ターン能力が発動する分、相手の動きによっては空振りになることもあるというわけですね。

ただ、相手をダメージ4~5に追い込んだ時には、+5000の上昇は確実に効いてきます。
ダメージをガンガン与えて、早い段階からパワー上昇の恩恵を受けたいですね。


■独自の能力の運用

独自の能力を持つユニットは、
ゴールドパラディンの《灼熱の獅子ブロンドエイゼル》、
スパイクブラザーズの《魔王ダッドリー・エンペラー》、
そして、なるかみの《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》。

上2体は、カウンターブラスト2枚でユニットを展開。
《ヴァーミリオン》は、カウンターブラスト3枚で、前列全体への攻撃。
このカウンターブラストの差は、ちょっと大きいですね。

カウンターブラスト2の《ブロンドエイゼル》《ダッドリー・エンペラー》は、
1回のファイトで、能力を2回使用することも可能です。
序盤のカウンターブラストを温存しつつ、
ダメージが4点を超えた後半から、能力を連打することもできるわけです。

カウンターブラスト3の《ヴァーミリオン》は、
ヒールトリガーやカウンターブラストの回復がなければ、能力は1回限り。
アドバンテージが相手の隊列に依存する能力なので、
できるだけ大きな戦果を上げられるチャンスを狙いたいところですね。


■今後のリミットブレイク……?

リミットブレイクには、今のところ「4」の数字がついています。
ダメージゾーンのカードが「4枚」以上なら発動するわけですが、
デザインとしては「3」や「5」というリミットブレイクも、ありうるというわけです。

当然、ダメージを多く受けている状況の方が発動のチャンスが少ないので、
より大きな効果が期待されるところです。

たとえば「リミットブレイク5」の場合は、
「同じような能力でも、コストが小さい」とか、
「同じかそれ以上のコストで、より強力な能力」というデザインが順当なところ。

たとえば《灼熱の獅子ブロンドエイゼル》の強化バージョンをデザインするなら、
「リミットブレイク5」+「カウンターブラスト2」で、強化前より大きな効果。

あるいは《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》の強化バージョンなら、
「リミットブレイク5」+「カウンターブラスト2」で、同様の複数体攻撃……といったように。

今後「リミットブレイク3」や「リミットブレイク5」が登場すると、
フルブラストを警戒した「ダメージ4点止め」と
リミットブレイク4を警戒した「ダメージ3点止め」と混ざって
さらに相手のダメージ調整が大変なことになってきたりして……。

相手の切り札を読んだダメージ調整や、その裏をかいて次の切り札を控える戦略。
あるいは、いっそ何も考えずにガンガン攻撃するのが一番強いかもしれず。

新しい環境が、リミットブレイクの存在で面白くなってくれると嬉しいですね。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:「入れない理由」

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:第67話「発動!リミットブレイク!!」
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |