さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:《回転する剣キリエル》
2012-04-08 Sun 14:58
先日の記事でも紹介した《回転する剣キリエル》。
新クラン「エンジェルフェザー」の切り札ユニットです。

《回転する剣(サーキュラソー)キリエル》
エンジェルフェザー エンジェル ノーマルユニット
グレード3 パワー10000 シールドなし ☆1
自【V】【LB(4)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、
そのバトル中、このユニットのパワー+5000。
自:[CB(1)]このユニットが{V}に登場した時、コストを払ってよい。
払ったら、あなたのダメージゾーンから表の《エンジェルフェザー》を1枚選び、
{R}にコールし、あなたの山札の上から1枚をダメージゾーンに裏で置く。
FT:手術して欲しいの?いいわ、輝け、回転する剣(シャイニング・サーキュラソー)!

ペイルムーンの《ミストレス・ハリケーン》に似た能力を持っています。
これが、どのように働くものか……?

第5弾RRR《ミストレス・ハリケーン》:ソウルとダメージゾーンの違いとは。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■《ミストレス・ハリケーン》との比較

《回転する剣キリエル》は、ふたつの能力を持っています。
ヴァンガードに登場した時、実質カウンターブラスト2で、ダメージゾーンからユニットをコール。
ダメージゾーンのカードが4枚以上になると、攻撃時のパワーが15000に上がります。

同様に《ミストレス・ハリケーン》は、
ヴァンガードに登場した時、カウンターブラスト2で、ソウルからユニットをコールし、
ソウルのペイルムーンが8枚以上になるとパワーが11000に上がります。

比較すると、性能に似たところがありますね。
ユニットをコールする能力は、それぞれのクランが得意とするゾーンからのコール。
パワーアップは《キリエル》が攻撃型なのに対し《ミストレス》は防御型といえそうです。


■ダメージゾーンのコントロール?

ソウルを操るペイルムーンらしく、ソウルに関わるデザインになっている《ミストレス・ハリケーン》。
エンジェルフェザーは、ダメージゾーンのカードを操る能力を多く持っているようですね。

現状、ダメージゾーンを操るクランには
ヒールトリガーを複数回使える「オラクルシンクタンク」
カウンターブラストの回復に長ける「ノヴァグラップラー」
があります。
(直接ダメージゾーンに触れる《ノーライフキングデスアンカー》は……今のところ例外的な位置でしょう)

エンジェルフェザーは、オラクルとノヴァの両方の性質をあわせ持っているのでしょうか?
もしかすると、ダメージゾーンのユニットを自在に入れ換えたりもできるのかもしれません。

ダメージゾーンのユニットは基本的に運任せなので、
《回転する剣キリエル》の能力を最大限に活かそうと思えば、なんとかコントロールしたいところですが。


■攻撃的な能力と、エンジェルフェザーの特性

エンジェルフェザーが「ヒールトリガーを複数回使える」という特性を持っているとすれば、
《回転する剣キリエル》の攻撃的な能力は、噛み合うことが多いかもしれません。

今の環境は、リアガードがパワー20000で攻撃できるクランもあるため、
パワー10000のヴァンガードを守りきるのは苦しいところです。

《キリエル》も、守りのパワーは10000なのでダメージを受けやすくなりますが、
ヒールトリガーを絡めることでダメージを回復すれば、不利はなくなります。

ダメージゾーンのカードを入れ換えることにもなりますから、
ユニットをコールする能力にも役立つでしょう。

エンジェルフェザーの特性次第ですが、強力なユニットになりうるでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:第66話「金色の騎士団(ゴールドパラディン)」

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:ペイルムーンデッキの回し方
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |