さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:「コミックスタイル」のペイルムーン
2012-04-06 Fri 00:04
昨年12月に発売した「コミックスタイルvol.1」。
このパックではペイルムーンのユニットが多数登場し、一気に強化されました。

コミックスタイルは、漫画「カードファイト!!ヴァンガード」に登場した
オリジナルユニットを収録しています。
「vol.1」では、第11話までに登場したユニットが収録されました。

しかし、その中にも一部収録されなかったユニットがいますし、
その後も新たなオリジナルユニットが登場しています。

はたして「vol.2」が発売されるのかはわかりませんが、
その時には、ぜひ未登場のペイルムーンを見てみたいものです。

コミックスタイルvol.1《インペリアル・ドーター》:対峙した《バーキング・ドラゴン・テイマー》も見てみたい。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■未登場のペイルムーンは……

「コミックスタイルvol.1」で収録されなかったペイルムーンのユニットは、

《マジカルボックス・トリマー》
《ダンシングナイフダンサー》
《エンターテインメッセンジャー》
《アーティラリーマン》
《バーキング・ドラゴン・テイマー》

以上の5体。
第10話「GIRL'S FIGHT」~第11話「MISAKI」で登場したユニットです。


■能力を空想してみる……

それぞれの能力は、いったいどのようにカード化されるでしょうか?
ちょっと考えてみました。

《ダンシングナイフダンサー》
ペイルムーン デーモン ノーマルユニット
グレード2 パワー9000 シールド5000 ☆1
自【R】:[SB(1)]このユニットがアタックした時、
あなたの《ペイルムーン》のヴァンガードがいるならコストを払ってよい。
払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+4000し、
そのバトルのクローズステップ開始時、このユニットをソウルに置く。

ペイルムーン専用の《ハイスピード・ブラッキー》。
劇中では勝手にソウルへ消えてしまう扱いにくそうなユニットでしたが、
パワーアップを含めて任意であれば、イロイロ使い道がありそうです。


《バーキング・ドラゴン・テイマー》
ペイルムーン ヒューマン ノーマルユニット
グレード3 パワー11000 シールドなし ☆1
永【V/R】:《ペイルムーン》以外のあなたの、ヴァンガードかリアガードがいるなら、
このユニットのパワー-2000。
永【V】:あなたのソウルの《ペイルムーン》が8枚以上なら、このユニットの
パワー+1000。
自:[CB(3)]このユニットが{V}に登場した時、コストを払ってよい。
払ったら、あなたのリアガードをすべてソウルに置き、
相手はそれと同じ数のリアガードをソウルに置く。

テキストが非常に長くなりそうなユニット。
劇中では
「自分のリアガードを退却し、同じ数の相手リアガードを退却させ、
 この能力によって退却したユニットの数だけパワー+1000」
という能力でしたが……
ドラゴンとはいえ「退却させる」のは、ペイルムーンらしくないような気がする。
ここはひとつ「ソウル送り」で、どうだろう?
自身の能力でソウルを増やして、12000のVを目指せ!……強すぎる?
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:空想ペイルムーン

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:カードゲームの「目的」
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |