さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:はじめてのヴァンガード
2012-04-04 Wed 00:00
先日、はじめてヴァンガードを遊ぶ方に、遊び方を教える機会がありました。

以前にも同じような機会がありましたが、
今回は、ふたりのプレイヤーが遊ぶ横で説明するというスタイル。

トライアルデッキを使って、ファイトの流れを解説してみました。

トライアルデッキVG-TD05《銀狼の爪撃》(予約):4月21日発売。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■解説する順序

今回は、プレイマットに書いてある「ターンの流れ」と、
ケロケロエースについてきた「ファーストガイド」を頼りに進めました。

ただ、やはり説明を読むよりも、実際にやってみた方が
カードゲームはわかりやすいものです。

手順をひとつずつ、説明しながら進めると良さそうですね。
スタンドアップからはじまり、ドロー、ライド。
後攻からは、コール、アタック、ガード、ドライブチェック、ダメージチェック……と。

少し慣れてきた中盤以降は、起動能力や自動能力を使って遊んでみました。


■つまずきやすいポイント

はじめて遊ぶプレイヤーがつまずきやすいポイントは、
「カードの移動」
というところにあるような気がします。

攻撃時には、ユニットのコールや、ドライブチェック。
防御時には、ユニットの退却や、ダメージチェック。

ドライブチェックしたカードは、どこに行くのか?
攻撃がヒットした時、退却するのか、ダメージをチェックするのか?

これらの「手札」「サークル」「ドロップゾーン」「ダメージゾーン」の間の
カードの動きは、慣れないと混乱してしまうことが多そう。
かくいう、私もここはつまずきました。
このあたりは、説明しながらひとつずつ解決していくのが良さそうです。


また機会があれば、次はこのあたりを気をつけてみようかなと思います。
わかりやすいトライアルデッキは、持ち歩いてもいいかもしれないなあ。
(ペイルムーンは面白いけど、トリッキーすぎる気もする)
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(ビギナー向) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:裏ファイトの王デッキ

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:《キャプテン・ナイトキッド》
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |