さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


TCG:「カードゲーマーvol.3」感想
2012-03-29 Thu 18:33
本日発売の「カードゲーマー」を買ってきました!

ヴァンガードの情報は、
4月に発売される新デッキ&新パックの情報。
ケロケロエースの情報とダブっているところが多かったですね。

新トライアルデッキ情報は、
ゴールドパラディンの「銀狼の爪撃」のセット内容、
なるかみの「雷竜の鳴動」のセット内容が解説されています。

そして新パック「極限突破」情報は、
リミットブレイクの解説に、グランブルーのカード情報。

しかし、カード情報よりもむしろ……

《カードゲーマーvol.3(2012年05月号)》:送料無料。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■「確率」を見よ!

カラーページを抜けて、
木谷社長の○○を斬る!を読んだら、
「代々木カードゲーム総研」というコーナーがあります。

今回のテーマは「確率」。

ヴァンガードは50枚のデッキで遊ぶわけですが、
その中に「キーカード」は何枚投入すべきか?

そのヒントになるのが「確率」というものです。
(「解答」にはなりませんが、目安にはなります)

記事中には「デッキに何枚入れたら、どの程度引けるか」を一覧にしてくれています。
ホントは「投入枚数」より「引く枚数」の方を多く見たいんですけど。


■確率の実践例

「グレード3をめくった時」の能力持ちをキーカードにする時なんかは、
どこまでグレード3を多くすべきか?が問題になることでしょう。

他にも、ペルソナ用の《ジ・エンド》を、このターンに引き込めるか?

あるいは逆に《ジ・エンド》へ対抗するための8000ブースターを何枚投入するか?

これらも「確率」を考えれば……おのずと構築やプレイングが見えてくる。ハズ。
どうかな。

参考になればいいのですが。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:ペイルムーンで大会へ

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:完全ガードのエラッタ情報
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |