さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:第63話「並び立つ能力者」
2012-03-18 Sun 11:50
今週からは全国大会決勝戦……ラスボス戦ですね。
アニメ「カードファイト!!ヴァンガード」をチェックしました。

ヴァンガードのアニメは、ちょいちょいプレイヤーの手札を公開してくれます。
今週も、両ファイターの手札が明らかになりましたが……なるほど!
今後の展開も、おぼろげに予想できます。

予想できながらも、面白そうなのは良いですね。

第5弾RRR《スターコール・トランペッター》:呼んでくるのは……!!

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■ちょっとした違和感

ドロップゾーンが……ちょっと変な気がする。
雀ヶ森レンの手札が、実はちょっと入れ変わっています。

《髑髏の魔女ネヴァン》で捨てたユニットは《アビス・フリーザー》でしたが、
直前に見えた手札では《グリム・リーパー》でした。

また、直前にガードに使ったのが《アビス・フリーザー》だったはずが、
ドロップゾーンには《ブラスター・ジャベリン》が。
その《ジャベリン》は、直前に見えた手札の中に入っていました。

たぶん、ガードする時に《ジャベリン》が2枚場に出てくるのが変だったのかも。
……ま、おおよそ変わってないと思うんですけど。シールド値だけがちょっと心配です。

ちなみにこの手札入れ替えのシーン、レンの「ファイターとしての弱さ」が垣間見えるシーンでもあります。

手札にあった《ファントム・ブラスター》を、直後のドライブチェックで引き当てています。
したがって、この状況でPSYクオリアを使って「先が見えている」のであれば
シールド値がない《ファントム・ブラスター》を捨てた方がいい気がするのです。

……あとで2体並べたがるのかもしれないですけどね。


■今後の展開

《ブラスター・ブレード》を呼ぶシーンなどで先導アイチの手札が公開されていますが、
今後のライドは順調に進みそうですね。

こうなって、こうなって……そして、次回予告のシーンへ。
以前、たしかtwitterで予言していたような……カッコいい展開になりそうです。


以下蛇足。

ブロントさん曰く
「ちなみにダークパワーっぽいのはナイトが持つと光と闇が両方そなわり最強に見える
暗黒が持つと逆に頭がおかしくなって死ぬ」

PSYクオリアは、ダークパワーっぽいのだったのか!?
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(動画) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:《月光の魔女ヴァハ》

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:グレートネイチャーの空想
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |